トップページプロフィール書いた詩など読んだ詩など詩のことなど
 掲示板リンク集ポスト(休止中)ポストポスト
  



 あいさつ


 掃除をしようと
 階段を上りはじめた
 その人は
 気がつく

 こんな
 お別れのあいさつもあるのだ―        
 と

 気がつかなければ
 決して伝わらない
 ひそかさ
 と
 気がつけば
 たちまち心がとらわれてしまう
 たしかさ
 で

 階段の上に残されている
 一枚の桜の花びら


             (久野雅幸)

〔トップページの写真について〕
 2019年4月21日に、山形県天童市で撮影。